« 今度のスマブラは単独・・・ | トップページ | 玉の小刀 »

2006年5月12日 (金)

もののけ姫

Photo_326金曜ロードショー「もののけ姫

もののけ姫◇97年 声・松田洋治、石田ゆり子。
自然を破壊する人間と荒ぶる神々との戦いを描くアニメ。宮崎駿監督。
北の果てにあるエミシ一族の隠れ里をタタリ神が襲った。王家の血を引く青年、アシタカ(松田)はタタリ神を倒すが、腕に死ののろいをかけられる。
老みこのヒイさま(森光子)は、西へ行けばのろいを断つ方法があるかもしれないと告げる。西へ旅立ったアシタカは、ある町で出会った謎の僧侶、
ジコ坊(小林薫)に"シシ神の森"の存在を聞き、さらに西へ急ぐ。その途中で山犬と一緒にいる美しい少女、サン(石田)を見掛ける。


ジブリ作品の中でも、個人的にかなり好きな作品ー
当時、まだ小学生だった時にはじめてみたんですけど
その時の印象がずーっと残っている感じ

もちろんストーリーとかもさることながら、
音楽や映像の迫力もサスガって感じですねー

はじめてみた当時こそ、少し難しかったかもしれないけど
今では涙なくしてミラレナイ作品にナッテシマイマシタ

主観ですケド、これには悪者っていう悪者はいないと思います
それぞれの立場で生きていくために理由があって
そのためお互い傷つけあって・・・
映画によくありがちな、映像の壮大さとかリアルさとかは
あくまでおまけみたいなもので、観てる人が考えさせられる映画かな?

何度も観て作品のメッセージを紐解いていったぶん、それだけ心に残る作品

|

« 今度のスマブラは単独・・・ | トップページ | 玉の小刀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今度のスマブラは単独・・・ | トップページ | 玉の小刀 »