« 壁の中のChaos | トップページ | オタクを萌えさせる職人達“フィギュア王”選手権 »

2006年1月26日 (木)

マスク・オブ・ゾロ

久々の映画紹介ーですよ、

Photo_188木曜洋画劇場「マスク・オブ・ゾロ

マスク・オブ・ゾロ◇98年、米。アントニオ・バンデラス。
悪を懲らしめ弱きを守る民衆の英雄"ゾロ"の活躍を描く。
マーティン・キャンベル監督。
スペインから独立を宣言したメキシコ。圧政に苦しむ民衆の英雄ゾロとして宿敵の知事モンテロ(スチュアート・ウィルソン)と戦い、幼い娘を奪われ投獄されたディエゴ(アンソニー・ホプキンス)。
20年後、ディエゴはカリフォルニアの再統治をもくろむモンテロの横暴を食い止めるために脱獄する。
しかし、モンテロのそばには美しく成長した娘エレナ(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)の姿があった。
ディエゴはモンテロの配下に兄を殺されたアレハンドロ(バンデラス)に出会い、彼を後継者に育てようとする。
敵を討ちエレナを取り返すため、ディエゴとアレハンドロの命を懸けた戦いが始まる。

んー、小学生の時だったかな?
これは映画館で観マシタ。
終盤の師のディエゴのシーンで泣いた記憶があります
という訳でたぶん今夜も泣いてしまうでしょう、。
やっぱりこのタイミングでやるのは「レジェンド・オブ・ゾロ」があっているからかな?
吹き替えの声といい、風貌といいディエゴがクワイ・ガンに見える!

全く関係ないけど番組のCMで流れている音楽ってパイレーツ・オブ・カリビアンのですよねー?
あの音楽とっても好きなんです、

|

« 壁の中のChaos | トップページ | オタクを萌えさせる職人達“フィギュア王”選手権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 壁の中のChaos | トップページ | オタクを萌えさせる職人達“フィギュア王”選手権 »