« マイノリティ・リポート | トップページ | メイドを連れ出す? »

2006年1月27日 (金)

アトルガン情報 Part4 ~発売日決定!~

Photo_196
最近すっかりFFの日記を書いていなかったので
たまってたアトルガンの情報をどーんと書いちゃいます、
知ってる人多いと思うので、そこは受け流しでw

まずは新ジョブからー

Photo_197

Photo_198
コルセア(Corsair)
かつて近東の海を所狭しと暴れまわっていた勇猛な海賊の末裔。
複銃身の短銃「ヘキサガン」を帯び、華麗なギャンブルテクニックを切札としている。


えーっと・・・
眼帯ドコー?これがないとはじまらないじゃないですか!
戦闘音楽はもちろん「パイレーツ・オブ・カリビアン」のアレですよね?
でないと許しませんよ?
素晴らしくマネーパワーを必要とするジョブな気がするけどキニシナイ
とりあえずミスラ海賊萌えってことで。

お次は新エリアー

Photo_199

Photo_200
アトルガン皇国
ミンダルシア大陸の東、エラジア大陸を版図とする国家。西端はググリュー洋を望み、東端は極東諸国と境を接する広大な領土を有する大国で、宗教的権威と世俗的権威を兼ね備えた絶対君主「聖皇」によって統治されている。
水晶大戦の折、アルタナ連合諸国、中でも最大の通商相手だったタブナジア侯国は、アトルガン軍の参戦を切望したが、再三の援軍要請にも関わらず、同国は孤立主義を貫き、ついに派兵しなかった過去がある。そのため、今でも西方のアルタナ四ヶ国とは外交的に疎遠な状態が続いているようだ。また一方の極東諸国とは現在、交戦状態にある。

皇都アルザビ
広大なアトルガン皇国領の西半分を司る首都で、高い塁壁で幾重にも護られた堅固な城塞都市。石造家屋の屋根を連ねて通路とする多層構造の街並は、さながら迷宮のようである。街中に散見される蛇の紋様は、皇国のシンボルである両頭の蛇王「ザッハーク」がモチーフ。

市内は、以下の3つの街区に大別される。

 人民街区
  まだ市民権を付与されていない住民や
  市民権を剥奪された元皇民が暮らす、比較的新しい街区。
  都市の外周に位置しているため、常に獣人の脅威にさらされている。

 ◇辺民街区
  貿易商や傭兵、冒険者など、主に国外から皇都に流入した者や、
  彼ら相手の商人や職人が住んでいる雑多な雰囲気の街区。
  北に内海、南に外海に面した港があり、皇国の西の玄関として機能している。

 ◇皇民街区
  ひときわ高くそびえる白壁の内側にある街区。
  豪奢な皇宮や軍施設、そして皇民の邸宅が建ち並ぶが、
  市民権なき者は立ち入ることすら許されない。


どうなんだろう、第二のジュノになるかなー?
問題は交通手段だけど・・・。
写真でもわかるけど、けっこうひろーい感じがしまス
とりあえず市民権の件で革命起こしてきます
公式で帝国って書いてある部分があるけど、そこはツッコミ禁止ですかそうですk(ry

んで、新モンスター
Photo_201チゴー(Chigoe)
近東の風土病、チゴー症の原因として知られる、小さな寄生虫。普段は砂中に潜伏。動物が側を通ると驚異的な跳躍で身体に取り付き、皮膚に侵入して成育する。チゴーが皮下に作り出す瘤は、想像を絶する苦痛をもたらすため、彼ら数匹の宿主となると、たとえ大型動物でさえ衰弱死してしまうと云う。最新の錬金術ギルドの研究によると、かつてバストゥークで猛威を振るった鎖死病も、この虫が媒介した不可視の毒気が原因であったことが確実視されている。

このゾウみたいなのじゃなくて、その回りにいるちっちゃなやつです、
あたしがこの世で唯一苦手といってもいい虫系ですよ!
プレイヤーに寄生してあやつるとか使って・・・くる気がしなくもないような

Photo_202マーリド(Marid)
近東の樹林にわずかに棲息する、小山のような巨獣。自在に動かせる腕の如き長大な鼻と敵を薙ぎ払う湾刀の如き長大な門歯が武器。草食だがとても気性が荒く、燃えるような赤色の眼をむき、地鳴りを発しながら突進してくるマーリドを止める手立てはないと云われる。チゴーの大繁殖により個体数が激減する以前、アトルガンでは軍事用に訓練されたウォー・マーリドが戦場の花形だったが、現在では決戦兵器として皇宮内に温存されており、滅多にその姿を見ることはできない。

上でチゴーに寄生されていたカワイソウなモンスターです、
ウォー・マーリドが戦場の花形っていうのはアリだけど
決戦兵器は行きすぎな気がします。
いいんですか?決戦用の手の内ばらしちゃって・・・。
チゴーを投入すればアトルガンおとせちゃうってことじゃないですか!

Photo_203クトゥルブ(Qutrub)
腐敗を抑えるため、全身を防腐帯で覆った食屍鬼。死後、ラミアに呪紋を施されて操られている他の不死なる者(アンデッド)たちと異なり、クトゥルブはラミアの魅力に屈し、彼女らに永久に奉仕せんがため、生きながら特殊な修練によって不死化を目ろんだ者たちである。故に、いまだ生前の欲望をいくらか残しているようで、わずかに残る血肉を維持するため屍肉を喰らったり、宝飾品を貪るように収集したりする。腰に携えているのは自ら捨てた生命を宿らせた霊剣であり、不死と引き換えに必殺の一撃を放つことができると云う。

第一印象の感想。
何このネメシス、ふざけてるの?
普通に顔がバイオハザードの追跡者ことネメシスじゃないですか!
さすがのネメシスもラミアたんの魅力には勝てませんでしたか・・・。
顔よくわからないって人は、公式か一番上の画像みてください、ハイ
このヒャッホーイってジャンプしているのをどうしても使いたかったんです、
許してください。

Photo_204マムージャ(Mamoolja)
近東のアトルガン皇国に敵対する国家のひとつ「マムージャ蕃国」を統べる獣人。マムージャとは彼らの自称で「輝鱗の眷族」という意味。蕃国は一部生物種的にも異なる 4つの階級〔戦士・水士・賢士・騎士〕の市民によって構成され、各階級から選出された代表(マムージャ四天王)の合議によって統治される共和制の国家として知られていた。だが、古くから大国アトルガンに朝貢してきた彼らが、近年叛旗をひるがえした背景には、「僭主」と呼ばれる傑出した独裁者の登場が関係しているようだ。

これも、よく姿がわからないーって人は公式とかをミテクダサイ。
力こぶで肉密度1000%!!!なこれをどうしても(ry
チョイスのセンスが悪いのは昔からですよ?

最後に「アトルガンの秘宝」の発売日は2006年4月20日(木)に決定!らしいです!

価格はそれぞれこんな感じー

PlayStation 2版
 「FFIX アトルガンの秘宝 拡張データディスク」 3,980円(税込 4,179円)
 「POL/FFIX オールインワンパック2006」 7,800円(税込 8,190円)

Windows版
 「FFIX アトルガンの秘宝 拡張データディスク」 オープンプライス
 「POL/FFIX オールインワンパック2006」 オープンプライス

Xbox 360版
 「POL/FFIX オールインワンパック2006」 7,800円(税込 8,190円)

こんな感じかなー
今回のアトルガン関係の詳しい情報は↓の公式サイトをご覧クダサイ。
http://www.playonline.com/ff11/ahturhgan/index.html

|

« マイノリティ・リポート | トップページ | メイドを連れ出す? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイノリティ・リポート | トップページ | メイドを連れ出す? »