« 親ばかと量産型 | トップページ | オンラインゲームのあれこれ »

2005年12月 4日 (日)

サウンド・オブ・サイレンス

いまさっき面白いニュースがあったので
リアルと映画の記事をわけて書きますネ

Photo_115日曜洋画劇場「サウンド・オブ・サイレンス」  (2001年アメリカ)▽時限サスペンス!!美少女の胸に秘密の暗号 
サウンド・オブ・サイレンス◇01年、米。マイケル・ダグラス。娘を誘拐した犯人に、患者からある番号を聞き出すことを要求された精神科医が、娘を助けるために奔走する。
ゲーリー・フレダー監督。
精神科医のネイサン(ダグラス)は、元同僚の医師からエリザベス(ブリタニー・マーフィ)という少女を診察するように頼まれる。
彼女はきゃしゃな体つきだが、しばしば別の人格が現れ、信じられない力で暴力を振るうという。そんな中、ネイサンの娘が誘拐される。
犯人グループのコスター(ショーン・ビーン)はネイサンに、エリザベスから6けたの数字を聞き出すように命じる。
エリザベスの父親はかつて仲間と1千万ドル相当のダイヤモンドを盗み、殺されていた。その時の仲間が、エリザベスを狙っていたのだ。
ネイサンは娘を救うため、エリザベスを必死に治療する。

この映画は推理物とかじゃないから物語を見ているだけで単純に面白いと思います、
あたしはこの映画で女の子の苦しみが分かった時に泣けたという・・・。
個人的にはけっこう引き込まれる部分があるんですよねー
どういう感想持つかはかなりわかれる作品だと思いまス

|

« 親ばかと量産型 | トップページ | オンラインゲームのあれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親ばかと量産型 | トップページ | オンラインゲームのあれこれ »