« コラテラル・ダメージ | トップページ | 魂の絵筆 »

2005年10月 9日 (日)

スピード

映画の時間に間に合わなかったorz
21時までに間に合うようにしたけど
アウトデシタネ

もうはじまってるけど映画紹介ー
Photo_28日曜洋画劇場「スピード」(デジタルリマスター版)  (1994年アメリカ)▽OH!デンジャラス!!初の高画質で大興奮 
スピード(デジタルリマスター版)◇94年、米。キアヌ・リーブス。
時速80キロ以下になると爆発する爆弾を仕掛けられたバスの乗客を救うスワット隊員の活躍を描く。
ヤン・デ・ボン監督。
ロサンゼルスの高層ビルのエレベーターが爆発し、十数人が宙づりのまま閉じ込められた。ロサンゼルス警察のスワット隊のジャック(リーブス)は相棒とともに出動し救助に成功。
爆弾犯のハワード(デニス・ホッパー)と対決するが、逃げられてしまう。数日後、ハワードがジャックに、先日の仕返しに市バスに爆弾を仕掛けたと告げてきた。その爆弾は、バスのスピードが時速80キロ以下になると自動的に爆発するという。ジャックはそのバスに乗り込み、乗客を救助しようとする。


あのスピードでゴザイマス。
今でこそマトリックス等で有名なキアヌ・リーブスですが
当時は知る人ぞ知るって感じだったのですヨ。
そんなキアヌを一気に一流スターまで押し上げた記念すべき作品。
小細工とかないストレートな話の展開に誰でものめり込めると思います、。
サンドラのワイルドな演技も見所のヒトツデス。

今日ももらったお弁当で手抜き料理デス。

|

« コラテラル・ダメージ | トップページ | 魂の絵筆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コラテラル・ダメージ | トップページ | 魂の絵筆 »